topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 メキシコの漁師とMBAコンサルタント 』 と言うお話知っていますか? - 2015.01.04 Sun

2015年1月4日(日)

世界的に有名なお話なので
知っている方も多いかもしれませんが・・・・。
このお話を読んで
皆サンはどう思いますか???


メキシコの田舎町。
海岸に小さなボートが停泊していた。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間漁をしていたの」
と尋ねた。

すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。

旅行者が
「もっと漁をしていたらもっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと
漁師は自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。


「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと
漁師は
「日が高くなるまでゆっくり寝て
それから漁に出る。
戻ってきたら子どもと遊んで
女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって
ギターを弾いて
歌をうたって…ああ。これでもう一日終わりだね」


すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として
きみにアドバイスしよう。
いいかい。
きみは毎日もっと長い時間漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。
そうすると漁獲高は上がり儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻・3隻と増やしていくんだ。
やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて
そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出て
メキシコシティーに引っ越し
ロサンゼルス・ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」


漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「20年。いやおそらく25年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い
「今度は株を売却してきみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して
海岸近くの小さな村に住んで
日が高くなるまでゆっくり寝て
日中は釣りをしたり
子どもと遊んだり
奥さんとシエスタして過ごして
夜になったら友達と一杯やって
ギターを弾いて
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

「 ・・・・。そんな生活ならもう手に入れているよ。」



NAVERまとめより引用


この話はどちらが正しい・正しくない
と言う訳ではないと思う。
きっとどちらも正しくて。
自分がどう人生を歩んでいきたいか。
と言うことではないかと・・・。


私は・・・。
どちらの道を歩こうか。
今とっても迷っている所カナ。

仕事はとっても楽しい。
でも。
お金を稼ぐために仕事をするわけではなく
家族との暮らしに必要だから
そのアイテムとしてお金を得るものだ。と思っている。

私自身は・・・。
人間らしい生き方に憧れる。
でもそれ以上に家族が1番。
子供たちに1番必要な物はなんなのだろう。
もしかしたら。
それも子供の性格によって違うのかもしれないナ。 ウムー。




沢山の応援クリック。
ありがとうございます。
本日も1クリック。
どうぞ宜しくお願いいたします。



 
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

自然を感じて・・・ - 2014.09.09 Tue

2014年9月8日(日)

わが家の中で3歳の息子が
1番自然に敏感なのだと強く思う。

みんなでお外でスイカを食べていると
寄ってきたのは沢山の蟻。
『 ありしゃん。乗っちゃだめやよ。』
とスイカを狙っている蟻に向かって
1匹1匹に声掛け。

カラスが飛んでいるのを見つけると
『 からすしゃーーーーん。』
と呼び
鳴き声が聞こえれば
『 かぁ。かぁ。』
と真似をする。

多くの人は
人間>他の生物 と思いがちだけど
息子の中では同等なんだなぁ。って感じるのよね。

まんまるな月を車から見ると
『 おひさまが追いかけてくるぅ~。』
と嬉しそう。

20140908-5.jpg

年を取れば取るほど
日々時間に追われ
心にゆとりがなく
虫の音色や動物の鳴き声も
耳から耳になってしまい
自然に鈍感になってしまう事実。

お休みの日くらいは
畑を眺めたり。
空を眺め少しでも自然を感じ
自然の中で生きていると実感しながら過ごせれたら嬉しいナ。

今日も1日。
無事に過ごすことが出来て
ありがとう。




ランキングに参加しています。
応援クリック。
どうぞ宜しくお願いいたします。


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村





ココでも叶う♪ - 2014.05.29 Thu

2014年5月29日(木)

祖母の田舎での生活に憧れている私。
でも。
子供の事や生活の事を考えると
現実問題なかなか難しいのが本音。

本当に移住しようか考えていた時
今の土地でも自分の気持ち1つで出来ることも
いっぱいあるのではないかって気づいたのよね。

20140529-1.jpg

先日。
借りている畑にやってきたのはキジ。

数年前からちょくちょく見たり
鳴き声を聞くものの
良い写真が撮れなかったのだけど・・・。
この日は少し時間にゆとりがあったので
子供たちと一緒に眺めていると・・・。

『 とりしゃぁーーーん。』
っと大声で叫ぶ3番目。
怖がりの癖に
『 ちょっと触って(確認して)くるわ。』
っと言っていて笑えるぅ~。

子供の方が大人よりも動物や鳥の鳴き声に敏感だし。
なんでも触ったり舐めて確認するから
五感をフルに使っているなぁ~って感じるよネ。

20140529-2.jpg

このキジさん。
タブン一夫多妻制。
イケメンなのかしら?  ケケケ

キジの鳴き声って
桃太郎によると 『 ケーン。ケーン。』
でも。
本当の鳴き声っていざ聞かれると
なかなか分からないものよね? ?

それを間近で様子を観察できるわが家って
めっちゃ幸せよね。




ランキングに参加しています。
応援クリック。
どうぞ宜しくお願いいたします。


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

 himekichi

Author: himekichi
**********************
雑貨やインテリアが大好き♪
私らしいナチュラルスタイルを
日々探し求めています。
**********************

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

diary (31)
zakka (39)
interior (55)
100 shop (104)
DIY (45)
handmade zakka (43)
handmade soap (0)
gardening (44)
food (13)
aroma・health (14)
Sun vil. (26)
photo (18)
dream (3)
sent present (6)
get present (51)
others (2)
未分類 (4)
book (3)
himetaro (4)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。